ベトナム国産スマホVsmart Joy1+ 半月感想

ベトナム国産スマホVsmart Joy1+ 半月感想

こんにちは。

BCKです。

 

Vsmart Joy1+を買っておよそ半月。

良い面も悪い面もはっきり出てきました!!

そして、Vsmartを持ってタイに行ってきましたので

旅行をした際に気になったことなども書いていきます。

 

現時点の総評から言うと・・・

めっちゃ使えるし、コスパも考えるとかなり優秀です。

 

スペック一覧をまとめちゃいました

5日間感想はこっち

〇良いところ

★保証が1年半あった

これは購入時書き忘れていましたが・・・

保証が1年半あるということです。

というのもVsmart Warrantyというアプリを先日見つけて思い出したのです。

そのアプリが電子記録として電子保証書になっており

紙の保証書などは存在していません。

初回起動日から自動でアプリが数えてくれてるようです。

 

★画質

タイ旅行でいくつか写真を撮りましたが

かなり使える画質と言えます。

旅行での思い出を記録するスナップ写真としても十分ですし

ブログで使用するにもいいレベルだといえます。

ただ、ズームに関して言えばセンサーが大きいデジカメや

一眼レフやミラーレスに劣ると思います。

 

★電池の持ち

抜群です。

さすが4000mAhには偽りなしと言えます。

タイ旅行中のとある1日・・・

朝の6時から夜10時30分まで一度も充電することなく使用ができました。

途中4時間程度のバス移動中のネットサーフィンや

観光地での写真撮影やビデオ録画、地図表示やメッセージの送信・・・

すべてフル充電からの持ち前のバッテリーで賄えました。

念のためにモバイルバッテリーも持って行ったのですが

使わなくてもよかったです!!

 

また、長い空港での待ち時間での動画鑑賞なども

大容量バッテリーのおかげで心置きなくできます~。

空港のフリー充電コーナーはいつもごっちゃごちゃなので好きではないのですw

 

★SIMのWスロット

SIMフリー機にはおなじみのスペックかもしれませんが

これも重要だと感じました。

僕は前回書いた記事の(ほぼ)世界中で使えるSIMのAIRSIMを使い

同行したベトナム人パートナーはタイでのトラベルSIM(AIS)を現地で購入。

2人はいつもベトナム国内でVIETTELのSIMを使っていますが

Wスロットのおかげで両方のシムを入れたままでOKです。

SIM交換って地味に面倒なのでこれもいい点ですね。

 

★十分な容量

ソーシャルゲームをやったり

たくさんのアプリを入れたい人はわかりませんが

僕が普通に使う場合は心配いりませんね。

前の携帯のROMが8GBしかなかったのですが

16GBあれば十分だということが分かりました。

ちなみに僕の使う全アプリ+プリインストールアプリです。

まだまだ余裕があります~!!

 

●悪いところ

★ネットワークとデータ設定の表記がベトナム語

タイに着いてから

AIRSIMの設定をてこずりましたので

色々見てたのですが・・・

まさかのネットワーク設定がベトナム語のみ。

分かる人は良いと思いますが

分からない人には厳しいのかなと思います。

 

★Vカメラが時々止まる

これはちょっと残念ですね。

たまに起動が遅い思いきや・・・クラッシュしてた。

タスクキラーで一度終わらせれば復活しますが

シャッターチャンスを逃しちゃいますね。

 

★まだスマホケースが出回ってない

少しずつ小さな傷がついてきてます…😢

これはVsmart自体が悪いのですが

もうそろそろ出回ってほしいです。

Shopeeとかで少しあるけど

問い合わせたら「まだない」と言われました。。。

何故出品してるのか。。。

 

 

以上、半月時点での感想でした。

次は1カ月開けぐらいに書けたらいいなあ・・・BCK